SEO 副業

ロングテールSEOで効果的なブログ戦略【ロングテールを理解する】

ロングテールSEOってなに?
ロングテールSEOは攻略しないといけないの?

『ロングテール』って?

ロングテールSEOのイメージ図です。

アクセスの74%は『ロングテール』からです。

ロングテールを狙った記事が、競争相手も少なく上位表示されやすい!

ロングテールSEOで効果的なブログ戦略

ロングテールSEOのブログ戦略のイメージ図です。

 

『1(=ロングテール記事)→2(=ミドル記事)→3(=ビック記事)』

順番で記事を量産するべきです。

具体的にはロングテール記事を10個書いたら、ミドル記事を1つ書くイメージですね。理由は以下の通りです。

  1. 『1』を書いたら上位表示されやすいため、ユーザーが見にくる
  2. 『1』に『2』の内部リンクを貼れば、ユーザーが『2』も見にいく
  3. 『2』に『3』の内部リンクを貼れば、ユーザーが『3』も見にいく

1:ビッグキーワードを決める

ロングテールを決めるためには、そもそも『ビッグ』を決めなければなりません。ビッグを決める際は、あなたのブログで発信したい情報にしましょう。

例えば、あなたが『ブログに関するwebサイト』を作る場合、『ブログ』がビッグになるはずです。

2:ミドルキーワードを調べる

『ブログ』に関連するミドルを調べます。下の画像だと4つだけですが、実際はもう少しあります。(解説しやすいように4つに絞りました。)

『ブログ』をキーワードにすると検索数が368000もあるため、今回は5400もミドルとして説明しております。

※通常は500以上〜3000未満の月間検索数があるものはミドルとして記事を書いていきましょう!

3:ロングテールキーワードを調べる

ミドルが決まったら、次にロングテールを調べます。例えば、『ブログ アクセス』をさらに調べると、以下のようにたくさん出てきます!(月間検索数は500未満)

『ブログ アクセス数』『ブログ アクセス アップ』・・『ブログ アクセス ゼロ』などのロングテールの1つ1つで良質な記事を作って、やっと上位表示されるんです。

そして、『銀行員 転職』というミドル記事の内部リンクを貼ることで、その他の記事の順位も上がってきます!

4:正しいロングテールSEOの攻略

上記のように『ビッグ、ミドル、ロングテール』を調べたら、ロングテールから記事を書いていきましょう。

  1. ロングテールで10〜15記事ほど作る
  2. その次にミドルで1記事書く
  3. ミドルを3記事作ったら、ビッグで1記事書く

ロングテールから1つ1つ記事を量産していけば、着実にブログへの検索流入が増加します。

 

-SEO, 副業

© 2021 副業のファンファーレ Powered by AFFINGER5