副業

SEO内部対策:その道のプロが徹底解説【サイトの作り方】

1.ページ速度は高速にすること

ページ速度はSEOにおいて超重要です。

ページ速度の確認方法はGoogleのページスピードインサイトを使うだけ。
%e3%83%98%e3%82%9a%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%82%99%e9%80%9f%e5%ba%a6
このブログだとスマホが82点・PCが89点です。70点超えてれば良いかなと。

かつ、自分が実際にネットの遅い地域にいるとよくわかります。

地下鉄とかでネットが遅いときに離脱した経験はないですか?

読者は忙しいので、サイト運営者は高速表示に力を入れましょう。

2.全ページへ『2クリック以内』で到達できるようにすること

2ページ以内
上記のとおり。これはサイト設計時にやっておかないとメンドイことになります。

3.サイトマップ送信すること

超基礎的な部分ですが、できていないサイトが多い。ここはバズ部がわかりやすかったので、下記をご覧ください。

4.グローバルナビはテキストで設定すること

デザインの関係上で難しかったりしますが、可能な限りテキストにすべきです。理由は、Googleロボットが画像を認識できないため。

5.パンくずリストを設定すること

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88
最近では使っていないサイトが増えていますが、SEO的には重要です。その理由は、パンくずリストが検索結果画面に表示されるため。

%e3%83%8f%e3%82%9a%e3%83%b3%e3%81%8f%e3%81%99%e3%82%99%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%ae%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c
[Web集客]のキーワードだと、ちゃんと内部対策しているサイトが少ないです。

尚、パンくずリストを検索結果画面に表示するには構造化マークアップが必須です。

余談ですが、このブログではデザインの関係上、パンくずリストはフッター付近に設置しています。

これでも問題なく動きますので、デザインにこだわりたい方はぜひどうぞ。

6.正しいタグの配置でサイト構築すること

html%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%af%e3%82%99%e9%85%8d%e7%bd%ae
上記のとおり。
間違っていても致命的ではないのですが、正しいほうがベターです。

7.文中ではh2やh3を使い文章構造をハッキリさせること

%e6%96%87%e7%ab%a0%e6%a7%8b%e9%80%a0
Webライティングにおける基本的なタグの使い方です。

間違っていたらすぐに直しましょう。たまに記事内でh1を使っている人がいますが、それもNGです。

8.h1は動的に変更すること

トップページの場合は、サイト名をh1タグにします。記事ページの場合は、記事のタイトルをh1タグにします。

WordPressの場合、下記コードで実装できるのでやっておきましょう。

<!-- トップページのh1のコーディング例 -->
<?php if (is_front_page()) { echo "<h1>"; } else { echo "<p>"; } ?>
ここにサイトタイトル
<?php if (is_front_page()) { echo "</h1>"; } else { echo "</p>"; } ?>

尚、タイトルタグやh1タグはSEOで超重要なので、下記も合わせてご覧ください。
» 【データで証明】SEOタイトルの重要性から効果改善方法のすべて

9.h1タグには必ずキーワードを入れる

超重要です。
『h1にキーワードがない = 検索流入が激減する』ので、必ず確認しましょう。

10.重複ページを無くすこと

%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%81%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%ae%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%ab%e9%87%8d%e8%a4%87%e3%81%ae%e7%a2%ba%e8%aa%8d%e6%96%b9%e6%b3%95
むやみやたらに記事を書くとページが重複します。
Googleのサーチコンソールで重複記事がないかをチェックしましょう。

11.リンク切れのチェック・修正をすること

リンク切れはSEO上でも良くないですし、ユーザービリティも下がります。

WordPressなら、Broken Link Checkerをいれておきましょう。
» 参考:【2021年版】WordPressのおすすめプラグインは6つだけ。

以上となります。
記事内のことが全て出来ていればSEO内部対策は問題ないでしょう!

-副業

© 2021 副業のファンファーレ Powered by AFFINGER5