副業

【悲報】ブログのリライトができない人は『永遠に稼げない』

「ブログ運営をしているけど、なかなかアクセスが増えないなぁ。。

―――――――――――――――
▼アクセスを増やすにはどうしたらいいの?
―――――――――――――――

この記事ではアクセスアップの方法を説明していくよ!

それではどうぞ🍣🥰

そのリライトの目標はありますか? それ意味ありますか?

Twitterをみていると、「ブログリライトした」みたいなTweetがありますが、ぼくが思うに、正しくリライトできている人は限りなく少ない。

闇雲にリライトする = ゴールのないマラソンです。

いつまでマラソンを続けますか?
早くリライトをマスターして、辛いだけのマラソンから抜け出しましょう。

ブログ記事のリライト方法、3つの手順で解説します

ブログのリライト手順はシンプル。

実施するタスク タスクの詳細
手順① 目標設定 キーワード設定・読者の悩み明確化・読者の行動設計
手順② 到達度チェック キーワード順位チェック・問題点の仮説考案
手順③ 効果改善 改善施策の実施・実施日をメモする

基本的には上記3つの手順で完結します。
ブログリライトに関する他サイトの記事を見ていると、リライト方法ばかりにフォーカスしていて、全体像が見えづらくなっています。本記事では、一歩引いた視点から解説しますね。

手順①:目標設定【キーワード設定・読者の悩み明確化・読者の行動設計】

ポイントは3つあります。

  • ポイント(1) キーワード設定
  • ポイント(2) 読者の悩み明確化
  • ポイント(3) 読者の行動設計
ポイント(1) キーワード設定は記事に流入させるキーワード選定のことです。

記事単位でキーワード選定する方法は
SEOで検索上位を獲得する記事の書き方【記事設計からライティング】に書いています。
この部分はかなり大切なので、5回くらいリンク先記事を読んで下さい。

ポイント(2) 読者の悩み明確化では、記事内の文章構成の話です。

詳しくはアフィリエイトで稼ぐ大切な3つの事【ASP登録と記事を書く】に書いています。

また、このあたりは20歳の自分に受けさせたい文章講義も読んでおくと尚良いです。
僕のブログ記事よりも書籍の方が、かなり詳しく網羅的に書かれています。

ポイント(3) 読者の行動設計はマネタイズにおける重要ポイント。

収入を上げるには読者の行動設計が大切です。

例えば【初心者向け】旅しながら稼ぐ方法は想像以上に簡単です【方法解説】という記事では、旅をしながら稼ぐ方法を解説しつつ、その方法を実戦する為の行動(スキルアップする講座受講や書籍購入)も書かれています。

ここが重要でして、いくら記事に訪問者を集めても、読者の行動がないとお金は生まれません。ちょっと上級者向けですが、ここも意識しつつライティングしましょう。

手順②:到達度チェック【キーワード順位チェック・問題点の仮説考案】

目標設計ができた記事を公開したら、最低でも2ヶ月は放置しましょう。
するとキーワード順位が上がってきたり、上がってこなかったりします。

 コツ:20~30位の記事に注目しよう

順位が上がってきた記事で、20~30位に停滞する記事に着目します。20~30位の記事はちょっと工夫することでトップ10を目指すことができます。

このあたりは慣れが必要でもありますが、競合の記事をみつつ自分の記事に足りない情報を追加しましょう。

問題点の仮説考案に関しては【問題点】SEOリライトの勘違い【それ無駄じゃないですか?】で実例付きで解説しています。参考までにご覧ください。

 補足:キーワード順位チェックツールとは

キーワード順位を計測するには専用ツールがオススメ。

基本的に上記から選びましょう。
これがないと効果改善できないので、導入は必須です。

手順③:効果改善【改善施策の実施・実施日をメモする】

手順①と②が終わればあとは簡単。実際に手を動かせばOKです。

超重要ポイント:改善の実施日はメモしておくこと。

面倒でやらない人が多いけど、『いつ・何をしたか』が分からないと、効果があったのかなかったのか分かりません。
必ずメモしておきましょう。

ブログ = Webマーケティング = ビジネスである

ブログとは立派なビジネスです。

ブログでご飯食べている人も多いですからね。あと、インターネット広告費が上がり続ける現在では、ブログで儲かりやすいです。

千里の道も一歩からです。やるべきことを淡々を続けることが大切です。

 推薦図書:20歳の自分に受けさせたい文章講義

ライティングを学ぶ際の必読本。ぼくはゴミレベルの文章力でしたが、この本にかなり救われましたm(_ _)m

-副業

© 2021 副業のファンファーレ Powered by AFFINGER5