副業 読むべき本

ブログを書いてもアフィリエイトで稼げない【ライティングに疲れた】

「記事ライティングに疲れた…。」

おはようございます🌞
救急車に4回は乗ってるのよ!
まつろーです⚾
はい。今日もいってみよう!

毎日楽しく過ごしている、今年45歳になるサラリーマンです。

22歳のころに、顔を飼い犬にかまれて救急車に。。。

10針以上顔を縫ったので、翌日から顔がパンパンに!(もちろんガーゼだらけ)

ちょうど就職活動中だったんですけど、回る会社、回る会社ずっと顔のハレてる話になり、意外と就職活動のつかみはOK!

2回目からは「あのぉ~、犬に顔かまれたまつろーですけど。。」で担当者と話ができるようになりました、笑!

ほんといろいろあったw

―――――――――――――――
▼記事ライティングに疲れた。。。
―――――――――――――――

それではどうぞ🍣🥰

記事ライティングに疲れたら本を読もう

記事が書けなくなったら、本を読もう!

書くのに疲れたら、気力が戻るまで本を読もう!

本を読むことで記事が書けるようになってきます!

セールスライティング・ハンドブック

良書ですので基本的には人には教えたくない一冊(笑
ハンドブックと名の通りちょうどいいい大きさにページ数。
にも関わらずライティングの仕方や各媒体へのアプローチの仕方等を説明しています。
私はウェブやEメール等の分野ですので、この本の基礎的なやり方は非常に参考になりました。

その他媒体も書かれているので参考にみるのも楽しい。
(コツをみるとどの媒体もルールにのっとってやっているのがわかります)

何度も読み返しながらやっていきたいので手元に必ずあるようにしておきたい。
デザイナーや広報、ウェブに携わる方々も読んでおいてもいいと思います。

 ザ・コピーライティング―心の琴線にふれる言葉の法則

「キャッチコピー」や「広告文」はセンスだと思っていた。

確かにセンスは関わってくると思う。
しかし、基本となる「型」はある。
言うならば、売れているコピーには共通している「型」がある。
その「型」の上に、センスがあるのだと思う。

営業や広告担当の人はもちろん、
「人に文章を書くことがある人」は一度読む価値はある。

少なからず私は「この本に出会えてよかった」と満足している。

 沈黙のWebライティング

アフィリエイトを始める人は、必ず一度は目を通しておきたいです。
内容は漫画をベースにした読みやすいライティング本で、かなり基礎的な内容になっています。

何度も読み返したくなる本です(ベロニカのあの解説が読みたい!どこだっけ?真ん中辺りで、、、あぁぁ!!と言う場面も何度も出くわしますので!

買うのなら紙!
移動時間にチョコチョコ勉強は諦めて家でキッチリ読み込む事を前提で紙の本をオススメします!

 20歳の自分に受けさせたい文章講義

書くことは、考えることであり
考えるために書くのだ

 

という、本書のメッセージは、身に染みて感じる

経験から振り返っても、書くことを通じてしか学べないことが、本当にたくさんある

「主張」を支える「理由」と、それを裏付ける「事実」は、意志決定に欠かせない重要な考え方である

心理学などに走らず
そこに至る道程を、積み重ねた経験1つで、ただひたすらにまっすぐに

「伝えたい」

という、真摯な気持ちで描かれた、
血の通った本です。

 一瞬で心をつかむ 77の文章テクニック

ハッキリ言って“読まれたもん勝ち”
いくらいいこと書いたって、読まれなければ死んだ文章(ただのしかばね)

刺激的な表現ですが、正にその通りと気づかされた衝撃の一冊です。

考えて、考えて、考え抜いた企画書があっさり却下された経験はないでしょうか?
誰もが納得するはずの会心のプレゼンの反応が「・・・でっ?」
もう世の中は何も分からないバカばっかりと思っていた自分がバカでした。
“正しい”“読みやすい”文章を一生懸命勉強してきました、それだけでは足りないとこに気づかされる本です。

「心をつかむ文章」だけが読まれる時代になった、とあるように77のテクニックがダメな例、良い例と実際に活用しやすく紹介されています。

テクニックの一つ一つが独立しているので自分に必要な箇所をピックアップして使えます。達人のワザでイメージをつかみ、思考のプロセスで具体的な応用ができるようになっています。

誰もが何らかの表現をせざるを得ない現在、内容プラステクニックで相手の目にとまる、正に一瞬で心をつかむ文章テクニックです。

参考記事:こちらの記事もどうぞ!

マーケティングってなに?【お金を稼ぐための必読本:13冊】

-副業, 読むべき本

© 2021 副業のファンファーレ Powered by AFFINGER5